入園や入学の祝いのお礼について

入学や入園祝いというのは、親族からのお祝いの形として行われています。

また、家族や親族だけではなく、仲のいい友人が贈るということも多いです。

入学や入園祝いをするのであれば、遅くても3月の中ごろくらいには贈るようにしましょう。
なお入学祝などというのは、他の人と品物が同じになってしまうということもあります。

直接どんなものがほしいのかを確認するようにしたほうがいいでしょう。
例えば、入学祝いの場合、家族からはランドセルや机などといった学校に必要なものが贈り物として選ばれており、友人や親族などの場合は、図書カードを贈り物にしているケースが多いです。
ご祝儀などの場合は、贈り物のお礼として贈り物を返すようにするのですが、入園や入学祝というのはお返しをしなくても良いのです。

ただ、贈り物を贈ってくれた人には、お礼状を贈るようにしましょう。

子供が字を書くことができるのであれば、親御さんからだけではなく、子供にもお礼の手紙を書いてもらうようにしたほうが、相手にも喜んでもらえます。

退職や転職祝いのご餞別とは

退職や転職をするときのお祝いというのは、自分ひとりで贈らなくても大丈夫です。

大体の場合は会社で贈り物をしたりしますので、気にする必要はありません。
その人と、私生活でも関わっていたり、とてもお世話になっていたのであれば、会社を出てから退職祝いや転職祝いを渡すようにしましょう。

転職や転勤をすることになった人に贈り物としてお金を包むのであれば、包みには「ご餞別」と書くようにしましょう。

出産祝いの際は赤ちゃんに適したものを選びましょう

出産祝いというのは、子供が生まれたらすぐに贈らなくてはならないと考えている人もいるかもしれません。

ですが、相手は出産したばかりで疲れていますし、まだ子供も安定していないわけですから、産後一ヶ月くらいしてから出産祝いを贈ったほうがいいでしょう。
特に親戚ではなく知人や友人なのであれば、出産祝いを持って病院に向かうということはしないようにしましょう。

また、自宅なのだとしても、まだ相手の健康状態は回復していません。

このように、必ず相手に電話などでいつごろ行ってもいいか確認をしておきましょう。
出産したばかりですから、赤ちゃんにたちまち必要なものはもう購入しているでしょう。

今後必要になる、赤ちゃんのための衣服などを選ぶようにしたほうが、相手方も喜んでくれると思います。

贈り物をするときの心構え

贈り物を贈るのであれば、相手に対しての感謝の気持ちを形として伝えられるようにしていくことが大切です。

自分の独りよがりで贈り物を選ぶのではなく、相手がどのようなものを受け取れば喜んでくれるのかを考えて、贈り物を選ぶようにしましょう。

一般的に相手と直接会って、ちゃんと挨拶を添えてから贈り物を渡すようにするのが望ましいのですが、どうしても直接会って渡すのが難しいということもあるでしょう。

このような場合は、送り状や手紙を書くようにして、どのような目的で贈り物を贈ったのかを伝えることも忘れないようにしてください。

また、贈り物を贈るときに「つまらないものですが・・・」という言い回しで贈り物を渡すということが多いですよね。

確かにそこまで高くないものなのであれば、このような言い回しでも良いのですが、金額が高いものなのであれば、「お納めください」とシンプルに伝えるようにしたほうがいいでしょう。
自分が贈り物を送る側ではなく、反対に受け取った側なのであれば、3日以内に贈り物をくれた方にお礼状を返すようにしてください。

目上の人に対してなのであれば、カードや手紙などにお礼を書くようにして、親しい人なのであれば、電話やはがきなどで丁寧に御礼を伝えるようにしましょう。

贈り物のお返しをするのであれば、10~30日くらいの間にお礼を贈るようにしましょう。
また、相手が送ってくれた贈り物よりも高いものを贈るとマナー違反になります。

ですから、多くても受け取った贈り物の半額くらいの品物を返すようにしてください。

お歳暮やお中元を贈る際に気を付ける事

お歳暮やお中元というのは、普段お世話になっている人に対して、お世話になっているお礼として贈るものです。

会社によっては、お歳暮やお中元を贈ったりするのは規則で禁止になっていることもあります。

このように、会社の上司などにお歳暮を贈る際には、規則違反にならないか必ず確認をしておきましょう。

また、お中元シーズンというのは、地域次第では他の地域とずれているということもあります。

あからじめ自分が送ろうとしている人の地域のお中元のシーズンを調べておいたほうがいいかもしれません。

尚、お歳暮の場合は12月の初頭から中旬の間に贈るのがマナーになっています。

色々な人に贈らなくてはならなかったり、あまりお金に余裕がないのであれば、お中元とお歳暮のどちらも贈るのではなく、お歳暮だけ贈るといいでしょう。

かつては、お中元やお歳暮というのは、月収の3%前後を目安にしていたものです。

しかし、この慣習は現在はほとんどなく、大体3~5000円くらいの金額の贈り物を選ぶのが定番になっています。

この金額内で、相手が喜んでくれるようなものをチョイスするといいでしょう。

お見舞いをする際のマナー

友人や知人、親戚などが入院をしてしまった場合、お見舞いに行くということもありますよね。

ただし、いつ行ってもいいというわけではありません。

親戚や仲のいい人ではないのであれば、入院をしたばかりのときや手術をする前や後というのは、お見舞いに行かないようにしましょう。

ご本人も、入院し始めたり手術したばかりの頃というのは、疲れているでしょうし、精神的に不安定になってしまっているということもありますから、このようなタイミングでお見舞いをするのは良くないのです。
また、ご家族から入院をしたという連絡が来たのであれば、その時に状態などを聞くようにして、いつごろであればお見舞いに行ってもいいかなどを確認するといいでしょう。

遠方でお見舞いに行くのが難しいのであれば、自宅のほうにお見舞い金を送ったり、手紙を書くようにしましょう。
お見舞いに足を運ぶのであれば、いつ行くのかをちゃんと家族に伝えるようにしましょう。

また、病気にしても、怪我にしても、相手の健康は悪いわけですので、15分以内に退室するように配慮をしてください。
お見舞いをするときに、品物を送るということもあると思います。

このような場合、白い花や仏花、鉢植えなどはタブーです。

また、果物なども、病気の状態によっては食べることが出来ないこともありますから、食べ物を贈るのであれば、事前に確認をしたほうがいいでしょう。

就職祝いは仕事に適した商品を選ぶ

就職祝いの場合、家族や親戚、仲のいい友人が贈るものになっています。

就職の内定が3月の中ごろに出ますから、この頃までには就職祝いを贈るようにしましょう。
この就職祝いでは、システム手帳やビジネスバック、名刺入れなどといった、仕事で使うことが多いアイテムをお祝いとしておくことが多いです。

ただ、職種によっては使わないということもあるでしょうから、このような場合は、お金を包んだり、商品券などを就職祝いに贈っても問題ありません。
就職祝いをもらったとしても、お返しはしなくても良いのですが、電話や礼状などでお礼を述べるようにするのがマナーです。