お歳暮やお中元を贈る際に気を付ける事

お歳暮やお中元というのは、普段お世話になっている人に対して、お世話になっているお礼として贈るものです。

会社によっては、お歳暮やお中元を贈ったりするのは規則で禁止になっていることもあります。

このように、会社の上司などにお歳暮を贈る際には、規則違反にならないか必ず確認をしておきましょう。

また、お中元シーズンというのは、地域次第では他の地域とずれているということもあります。

あからじめ自分が送ろうとしている人の地域のお中元のシーズンを調べておいたほうがいいかもしれません。

尚、お歳暮の場合は12月の初頭から中旬の間に贈るのがマナーになっています。

色々な人に贈らなくてはならなかったり、あまりお金に余裕がないのであれば、お中元とお歳暮のどちらも贈るのではなく、お歳暮だけ贈るといいでしょう。

かつては、お中元やお歳暮というのは、月収の3%前後を目安にしていたものです。

しかし、この慣習は現在はほとんどなく、大体3~5000円くらいの金額の贈り物を選ぶのが定番になっています。

この金額内で、相手が喜んでくれるようなものをチョイスするといいでしょう。