就職祝いは仕事に適した商品を選ぶ

就職祝いの場合、家族や親戚、仲のいい友人が贈るものになっています。

就職の内定が3月の中ごろに出ますから、この頃までには就職祝いを贈るようにしましょう。
この就職祝いでは、システム手帳やビジネスバック、名刺入れなどといった、仕事で使うことが多いアイテムをお祝いとしておくことが多いです。

ただ、職種によっては使わないということもあるでしょうから、このような場合は、お金を包んだり、商品券などを就職祝いに贈っても問題ありません。
就職祝いをもらったとしても、お返しはしなくても良いのですが、電話や礼状などでお礼を述べるようにするのがマナーです。