相手が高齢者の場合

初対面の高齢者と話をするときに、相手のことを「おばあさん」とか「おじいさん」と呼ぶ人もいます。

ですが、人によっては、このような呼び方で呼ばれると不快感を感じてしまう人もいます。

高齢者に話しかける時というのは、ちゃんと枕詞を使うようにして、目上の人として敬うようにしましょう。

謙譲語と敬語を混ぜないように気をつけよう

普段、敬語を使っていると思っていても、敬語だけではなく謙譲語まで混ざってしまっているという人は少なくありません。

謙譲語というのは、親族や自分に対して使うことであり、目上の人に対して使う言葉ではないのです。

例えば、「あなたが申されたように」というのは間違いです。

「申す」という言葉は謙譲語になっており、「あなたが仰ったように」と使うのが正しいのです。

また、いくつも敬語を使ってしまう二重敬語というのも、よくありません。

敬語は1つだけ入れるようにして話をするようにしましょう。

また、会社で敬語の間違った使い方をしてしまっている人も少なくありません。

例えば、あなたと上司、そして取引先の方がいるとします。

このとき、敬語を使うべき相手は、取引先の方だけです。

自分の上司だとしても、このような時は謙譲語を使うようにしてください。

円滑に話をするためのポイント

人と円滑に話をするためのポイントとして、相手の話を聴く側の立場になろうとする姿勢を忘れないようにしてください。

相手の話を聞くことで、その人の好物や趣味などのような情報を知ることが出来ます。

相手のことを知れば、それだけ話もしやすくなるものです。

こちらから話をする場合、反対にしてはいけない話もいくつかあります。

例えば、重すぎる話であったり、宗教や政治の話というのはタブーだと思っておいてください。

また、相手の話を聞くときには、質問も交えるようにして、話しが出来るタイミングで自分も意見を交えるようにすれば、話も広がりやすくなります。

ただし、相手の人が話をしているときは、話を中断させないようにこちらの意見を述べたりしないようにしましょう。

マンションで生活をする際のマナー

マンションというのは、一種の共同生活といえます。

そのマンションで、住民トラブルになってしまうということも少なくないのですが、どのようなトラブルが多いのでしょうか?

まずバルコニーを使うときのルールを守っていないとか、踊り場に私物を置いている、ペットの鳴き声や自分の駐車場に勝手に注射をしているなどといったトラブルが多いです。

この他にも、階下の部屋に足音が聞こえてしまったりするというトラブルも多いです。

これ以外にも、夜中に子供が走り回ったり、夜中に洗濯機を回すなどといった騒音によってトラブルになってしまうこともあります。

ペットや小さなお子さんがいたり、夜遅くや早朝に動いたりすることが多いのであれば、下に少しでも音が聞こえないようにカーペットを床に敷くように強いましょう。

相手が教師や医師の場合

相手が教師や医師で、自分よりも相手のほうが年下だということもあるかもしれません。

だからといって、こちらは相手にお世話になっているのですから、敬語を使うべきです。

ただ、最近は、敬語というのは昔のように厳しく使い分けられているわけではありません。

ある程度仲良くなってきたら、そこまで敬語を使わなくてもいい場合もあります。

人間関係を良好にするための言葉づかい

人間関係を良好にするために、敬語を使うことになるのですが、敬語ってどう使えばいいのか良く分からないという人も多いのではないでしょうか?

敬語というのは、確かに奥深いですから、いきなり敬語をマスターしようと思ったら、頭が混乱してしまうかもしれません。
このように、使われることが多い言い回しや使い方などをまずは覚えることから始めましょう。
基本的に、敬語の場合は、相手の行動などについて「ご」または「お」を使うことになります。

例えば、「お出かけ」「ご相談」などといった言葉を使うのです。
そして、敬語の場合は、動詞として「られる」や「れる」といった言葉が使われます。

ねぎらう言葉を間違っていませんか?

相手をねぎらう言葉として、「ご苦労様」とか「お疲れ様」という言葉があります。

この言葉を本来の使い方で使っていないという人も多いです。
例えば、目上の人に「ご苦労様でした」といってしまうのは間違いです。

本来、このねぎらいの言葉は目下の人に対して使う言葉なのです。
また、目上の人を労わる場合には、「お疲れ様でした」だけでは敬語とはいえません。

敬語として使うのであれば、「大変お疲れ様でございました」と使うのが正しいのです。

挨拶をする時のマナー

誰かと会ったときには、時間にあった挨拶をするものですよね。

この他にも、謝ったり何かをしてもらったときにも、気持ちを言葉で表したりするものです。

ちゃんと挨拶をしたり、謝ったりするだけでも、印象というのはよくなるものです。

反対に挨拶などをしなかったら、礼儀がなっていないと思われてしまって、評価も下がってしまうことになるでしょう。

近所の方と接する時のマナー

今は、昔ほどご近所付き合いが行われているわけではないですが、同じ地域で生活をしているのですから、ある程度は関わらなくてはならないものです。

例えば、近所でのマナーとして一番気をつけるべきは、ゴミを捨てるときのマナーでしょう。

ゴミの分別のルールがそこまで厳しくないところもあれば、反対にかなり細分化されていたりする地域だってあります。
また、その地域によってゴミの収集日も違っていたりしていますから、ゴミの分別や収集日の把握をちゃんとしておかなくては、近所の方とトラブルになってしまうこともあります。

二重敬語は使っても大丈夫なの?

誰かの家に電話をかけたりするときに、つい必要以上に敬語を使ってしまって、二重敬語になってしまったりすることもあります。

自分では気づかない間に二重敬語になってしまうこともあるのですが、日本語として正しくはないですから、二重敬語になってしまっているのであれば、直していくようにしたほうがいいでしょう。