ねぎらう言葉を間違っていませんか?

相手をねぎらう言葉として、「ご苦労様」とか「お疲れ様」という言葉があります。

この言葉を本来の使い方で使っていないという人も多いです。
例えば、目上の人に「ご苦労様でした」といってしまうのは間違いです。

本来、このねぎらいの言葉は目下の人に対して使う言葉なのです。
また、目上の人を労わる場合には、「お疲れ様でした」だけでは敬語とはいえません。

敬語として使うのであれば、「大変お疲れ様でございました」と使うのが正しいのです。