丁寧語を何度も使ってしまう

丁寧語を使うことによって、言葉遣いが丁寧になったりしますから、丁寧語を何度も使ってしまうという人もいます。

ですが、丁寧語を一文の間に何度も使ってしまうというのは、へりくだって聞こえてしまうだけですからしないようにしましょう。
例えば、「おコーヒーをお持ちしました」というのは、2回「お」を使っています。

この場合は、「コーヒーをお持ちしました」で十分なのです。
何度も丁寧語を使ってしまっていると、媚を売っているように思われてしまったりしますから、これまで何度も丁寧語を入れてしまっていたのであれば、治していったほうがいいでしょう。