スピーチの依頼をされた場合

新郎、または新婦からスピーチをしてほしいと依頼されたら、断るのは失礼です。

ですから、すばらしいスピーチを考えましょう。

人の前で話をするのは慣れていないという人もいると思いますし、どんなことをスピーチすればいいのか分からない人もいると思います。
スムーズにスピーチをするのであれば、ポイントを踏まえながら話をするといいでしょう。

まず、スピーチというのは、長すぎず、短すぎないようにすることが大切です。

そのような事を踏まえると、3分を目安にスピーチを考えましょう。

どれくらいの文字数なのかというと、1000文字程度の文字数になります。

また、披露宴ですから、忌み言葉をスピーチに入れないように注意をしてください。

スピーチで色々なエピソードを入れようとしてしまう人もいるのですが、まとめるのが大変になってしまったり、スピーチが3分以上かかってしまいやすくなります。

ですから、1つのエピソードだけを入れましょう。

そして、完成したら、実際に声に出して読んでみて、3分くらいで終わるか計ってください。

練習をせずに読んだら、時間をオーバーしてしまったり、反対に短すぎてしまったりしやすいです。

そのような事から、ちゃんとスピーチの練習をして、しゃべるスピードの確認もしておくべきです。