フランス料理を食べる際のマナー

フランス料理をフルコースで食べるとき、オードブル、スープ、魚料理、肉料理、デザート、飲み物の順で料理が出されます。

コースによってマナーも違っているのですが、共通して言えることは、咀嚼音を出してしまったり、ナイフなどを使っているときに金属音を出さないようにしてください。

また、食べながら話をするのであれば、小声で他の人たちの迷惑にならないようにすることが大切です。

肉料理を食べるとき、どれくらい焼くかを聞いてくることもあります。

しかし、焼き方を知らなかったら、どれくらいで焼いてもらうか答えにくいですよね。

このように、焼き方についても知っておきましょう。

・肉の外側だけ焼いていて、肉の内側はほとんど焼いていない状態はレア
・中もある程度焼いているのがミディアム
・ミディアムよりもさらに中を焼いているのがウェルダン
・ミディアムとレアのちょうど間にあるのがミディアムレア

以上となっております。

あまり生の状態で食べたくないのであれば、ミディアムかウェルダンでオーダーをするといいでしょう。