箸を使う時のマナー

日本人にとって、箸というのは馴染み深いものなのですが、箸の使い方が正しくない人が結構います。

まず箸をおいたり、反対に持ったりするときには、両手を使うようにしてください。

右手で箸の中央部分をもち、下から左手で支えるようにしてください。

そして、箸を使うときには中指と人差し指では箸の上さむようにしつつ、親指で箸を支えます。

薬指の指先と親指の付け根部分で下側の指を動かさないようにしましょう。

このようにすることで、上の箸だけを動かすことができるようになります。

また、箸を使って、茶碗などを移動させたり、迷い箸をしてしまうのも、マナー違反ですから絶対にしてはいけません。