和食を食べる際のマナー

和食を食べるときには、器を正しい方法で扱い、正しい箸の使い方で食べるのがマナーになっています。

和食では、色々な器が使われていますが、その中には、手で持って食べるべきではない器と、手で持って食べるための器があります。
自分だけが食べるための茶碗なのであれば、手で持つべきであり、てんぷらなどの盛り合わせなどで使われている器や大皿などのように、他の人も食べる器は手で持ってはいけません。

醤油などをつけて食べる場合は、食べ物についている汁や液体が垂れてしまわないように、手で液体がこぼれないように食べるのはNGです。