焼香をする際のマナー

仏式で葬儀やツヤなどを行う場合、焼香をすることになります。

お香を炊いて、空気を清めたり、お香を故人にささげるという意味合いで焼香が行われています。

立って霊前で焼香をする場合は、初めに遺影に対して一礼をした後に焼香をします。

お香を持つときは、右の人差し指と親指だけではなく、中指も使うようにしてください。

その宗派によって、何回焼香をすればいいのかは違っているのですが、大体の場合は2回です。

他に参列している人が多い場合は1回焼香するだけでも大丈夫です。

座った状態で香炉が回ってくる回し焼香の場合は、香炉を自分の目の前において、立った状態での焼香と同じように遺影に一礼をして焼香をします。

そして、焼香が終わったら、次は遺影に対して手を合わせてから次の人に香炉を渡しましょう。

事前に香典を用意しておきましょう

葬儀または通夜のどちらでも香典を持っていって問題ありません。

ただし、通夜だけではなく葬儀にも参列をするのであれば、基本的に通夜に香典を渡すことになります。

香典として包むお金はどれくらいが望ましいのかというと、社会的な地位や、あなた自身の年齢、遺族または亡くなった方との新密度によって金額も違っています。

故人が、家族の収入源になっていたのであれば、少しお金も多めにしておいたほうがいいでしょう。

知人や知人、同僚が亡くなったのであれば、5000円くらい包むのが一般的です。

親戚がなくなってしまった場合は1万円から2万円ほどを香典として包むケースが多いです。

どうしても葬儀などに参列をすることが出来なかった人から香典を預かるということもあるかもしれません。

このようなときには、受付で香典を渡して、誰から預かったのかもちゃんと伝え、記帳を済ませるようにしましょう
自分の名前だけではなく、預けた人の名前もちゃんと記入をしてください。

不祝儀袋はどんなものを選ぶべき?

法事や葬儀などでお金を包むときに使われる袋が不祝儀袋です。

不祝儀袋は、いくつか持っておいたほうがいいでしょう。

なぜならば、どのような形式で葬儀が行われるのかによって、ふさわしい不祝儀袋も違っているからです。

例えば、キリスト教形式での葬儀なのであれば、百合や十字架の模様替えがかれていたり、白無地が望ましいです。

そして、仏式なのであれば、銀や白と黒の袋で、結び目がほつれてしまわない袋を使うようにしましょう。

また、のしが付いているのであれば、取り外してください。

通夜の参列などのマナー

葬儀や通夜に参列をする際に、受付をすることになるのですが、受付をするときにどのような言葉をかければいいのか分からないということもあるのではないでしょうか?

ちなみに受付をしている人は親族ではなく、他人であることがほとんどです。

受付に対して何か声をかけるということは考えなくてもいいでしょう。

ただし、葬儀にも通夜にもご遺族がいるわけですから、ご遺族に声をかけるときの内容についてはちゃんと考えておいたほうがいいでしょう。

ご遺族の方は、故人が亡くなったことで悲しんでいますし、通夜などの準備でも疲労をしています。

それに他の参列者からも声をかけられたりしているのですから、あまり長時間声賭けをしないようにして下さい。

通夜に最後まで参列をすることができない場合

自宅で通夜が行われる場合、場合によっては夜を徹して行われることもあります。

このような場合、どうしても最後まで参列をすることができないということもあるでしょう。

このようなときには、焼香などが済んだら、目立たないように出口に移動をして、受付に挨拶をしてから帰るようにしましょう。

弔電をする際のマナー

基本的に弔電をするときの宛名は、葬儀の喪主にします。

ただし、親しい友人の親御さんなどが亡くなった場合、友人の家族が喪主になっているということもあるでしょう。

会ったり交流があったのであれば、宛名を喪主にしても良いのですが、交流どころか会ったこともないのであれば、ご遺族様を宛名にしても大丈夫です。

また、弔電を送るときには、所属している会社や自分の名前もちゃんと記載しておきましょう。

弔電を送る際に、どのようなことを文章にすればいいのか分からないという人も多いでしょう。

NTTでは、弔電のサンプルもありますから、このサンプルを参考にしたり、電報オペレーターに電話をしてアドバイスをしてもらうのもいいでしょう。

危篤だと連絡が来た際の対応

電話などで危篤と連絡がきたら、すぐに向かうようにしましょう。

危篤だと連絡をしてきてくれたということは、死ぬ前に会ってほしいという気持ちがあるからです。

スーツなどに着替えるのではなく、派手ではない服装で向かいましょう。

距離があるのであれば、もしも間に合わなかったり、亡くなってしまったときのことも考えて、葬儀に参列できるように喪服も用意しておいたほうがいいかと思います。

ただ、喪服を持っていくのであれば、相手方の家族に見られないようにしましょう。

また、危篤だという連絡が来るとパニックになりやすいですが、どこに行けば言いのかなどをちゃんと確認するようにしてください。
距離が離れすぎてしまっていて、どうしてもいけないということもあるかもしれません。

このような場合、電話だけで挨拶をしてしまうというのはしないほうがいいでしょう。

献花をする際のマナー

葬儀をする際に、キリスト教の形式で行う場合、献花をすることになります。

その家によってどの花を献花するのかは違っているのですが、大体の場合は白い菊やカーネーションです。

参列者が順番に献花をしていくことになるのですが、献花をするときのマナーもあります。

花を受け取る時は、両手で花を持つのですが、花が右方向に向くようにしてください。

そして献花台まで移動したら、まず家に向かって頭を下げて、祭壇に茎を向けるようにして捧げます。

なお、花を捧げるときには、両手で捧げるようにしてください。

献花が終わったら神父や遺族にも頭を下げてから着席しましょう。

神式で参列をする際のマナー

神式で葬儀が行われる場合、焼香ではなく、霊前に玉串といわれるものを捧げます。

これを玉串奉奠というのですが、あまり馴染みがない人も多いのではないでしょうか?

この玉串奉奠のマナーとして、玉串を神官から渡されたら、祭壇に玉串を捧げるのですが、捧げる前に時計回りに玉串をまわして祭壇の方向に枝部分を向けてから捧げます。

そして、捧げたら、2回礼をして2回しのび手で拍手をして、もう一度礼をします。

なお、普通の拍手とは違って、しのび手の場合は手を叩く音を出さないようにしましょう。

基本的に神社に参拝をする時のように拍手をするのではなく、しのび手をするのが神式での葬儀のマナーになっています。

手を実際に叩くのではなく、手のひら同士が触れる前に寸止めをするようにしましょう。