弔電をする際のマナー

基本的に弔電をするときの宛名は、葬儀の喪主にします。

ただし、親しい友人の親御さんなどが亡くなった場合、友人の家族が喪主になっているということもあるでしょう。

会ったり交流があったのであれば、宛名を喪主にしても良いのですが、交流どころか会ったこともないのであれば、ご遺族様を宛名にしても大丈夫です。

また、弔電を送るときには、所属している会社や自分の名前もちゃんと記載しておきましょう。

弔電を送る際に、どのようなことを文章にすればいいのか分からないという人も多いでしょう。

NTTでは、弔電のサンプルもありますから、このサンプルを参考にしたり、電報オペレーターに電話をしてアドバイスをしてもらうのもいいでしょう。