献花をする際のマナー

葬儀をする際に、キリスト教の形式で行う場合、献花をすることになります。

その家によってどの花を献花するのかは違っているのですが、大体の場合は白い菊やカーネーションです。

参列者が順番に献花をしていくことになるのですが、献花をするときのマナーもあります。

花を受け取る時は、両手で花を持つのですが、花が右方向に向くようにしてください。

そして献花台まで移動したら、まず家に向かって頭を下げて、祭壇に茎を向けるようにして捧げます。

なお、花を捧げるときには、両手で捧げるようにしてください。

献花が終わったら神父や遺族にも頭を下げてから着席しましょう。