危篤だと連絡が来た際の対応

電話などで危篤と連絡がきたら、すぐに向かうようにしましょう。

危篤だと連絡をしてきてくれたということは、死ぬ前に会ってほしいという気持ちがあるからです。

スーツなどに着替えるのではなく、派手ではない服装で向かいましょう。

距離があるのであれば、もしも間に合わなかったり、亡くなってしまったときのことも考えて、葬儀に参列できるように喪服も用意しておいたほうがいいかと思います。

ただ、喪服を持っていくのであれば、相手方の家族に見られないようにしましょう。

また、危篤だという連絡が来るとパニックになりやすいですが、どこに行けば言いのかなどをちゃんと確認するようにしてください。
距離が離れすぎてしまっていて、どうしてもいけないということもあるかもしれません。

このような場合、電話だけで挨拶をしてしまうというのはしないほうがいいでしょう。