事前に香典を用意しておきましょう

葬儀または通夜のどちらでも香典を持っていって問題ありません。

ただし、通夜だけではなく葬儀にも参列をするのであれば、基本的に通夜に香典を渡すことになります。

香典として包むお金はどれくらいが望ましいのかというと、社会的な地位や、あなた自身の年齢、遺族または亡くなった方との新密度によって金額も違っています。

故人が、家族の収入源になっていたのであれば、少しお金も多めにしておいたほうがいいでしょう。

知人や知人、同僚が亡くなったのであれば、5000円くらい包むのが一般的です。

親戚がなくなってしまった場合は1万円から2万円ほどを香典として包むケースが多いです。

どうしても葬儀などに参列をすることが出来なかった人から香典を預かるということもあるかもしれません。

このようなときには、受付で香典を渡して、誰から預かったのかもちゃんと伝え、記帳を済ませるようにしましょう
自分の名前だけではなく、預けた人の名前もちゃんと記入をしてください。