不祝儀袋はどんなものを選ぶべき?

法事や葬儀などでお金を包むときに使われる袋が不祝儀袋です。

不祝儀袋は、いくつか持っておいたほうがいいでしょう。

なぜならば、どのような形式で葬儀が行われるのかによって、ふさわしい不祝儀袋も違っているからです。

例えば、キリスト教形式での葬儀なのであれば、百合や十字架の模様替えがかれていたり、白無地が望ましいです。

そして、仏式なのであれば、銀や白と黒の袋で、結び目がほつれてしまわない袋を使うようにしましょう。

また、のしが付いているのであれば、取り外してください。