通夜の参列などのマナー

葬儀や通夜に参列をする際に、受付をすることになるのですが、受付をするときにどのような言葉をかければいいのか分からないということもあるのではないでしょうか?

ちなみに受付をしている人は親族ではなく、他人であることがほとんどです。

受付に対して何か声をかけるということは考えなくてもいいでしょう。

ただし、葬儀にも通夜にもご遺族がいるわけですから、ご遺族に声をかけるときの内容についてはちゃんと考えておいたほうがいいでしょう。

ご遺族の方は、故人が亡くなったことで悲しんでいますし、通夜などの準備でも疲労をしています。

それに他の参列者からも声をかけられたりしているのですから、あまり長時間声賭けをしないようにして下さい。

通夜に最後まで参列をすることができない場合

自宅で通夜が行われる場合、場合によっては夜を徹して行われることもあります。

このような場合、どうしても最後まで参列をすることができないということもあるでしょう。

このようなときには、焼香などが済んだら、目立たないように出口に移動をして、受付に挨拶をしてから帰るようにしましょう。