神式で参列をする際のマナー

神式で葬儀が行われる場合、焼香ではなく、霊前に玉串といわれるものを捧げます。

これを玉串奉奠というのですが、あまり馴染みがない人も多いのではないでしょうか?

この玉串奉奠のマナーとして、玉串を神官から渡されたら、祭壇に玉串を捧げるのですが、捧げる前に時計回りに玉串をまわして祭壇の方向に枝部分を向けてから捧げます。

そして、捧げたら、2回礼をして2回しのび手で拍手をして、もう一度礼をします。

なお、普通の拍手とは違って、しのび手の場合は手を叩く音を出さないようにしましょう。

基本的に神社に参拝をする時のように拍手をするのではなく、しのび手をするのが神式での葬儀のマナーになっています。

手を実際に叩くのではなく、手のひら同士が触れる前に寸止めをするようにしましょう。