焼香をする際のマナー

仏式で葬儀やツヤなどを行う場合、焼香をすることになります。

お香を炊いて、空気を清めたり、お香を故人にささげるという意味合いで焼香が行われています。

立って霊前で焼香をする場合は、初めに遺影に対して一礼をした後に焼香をします。

お香を持つときは、右の人差し指と親指だけではなく、中指も使うようにしてください。

その宗派によって、何回焼香をすればいいのかは違っているのですが、大体の場合は2回です。

他に参列している人が多い場合は1回焼香するだけでも大丈夫です。

座った状態で香炉が回ってくる回し焼香の場合は、香炉を自分の目の前において、立った状態での焼香と同じように遺影に一礼をして焼香をします。

そして、焼香が終わったら、次は遺影に対して手を合わせてから次の人に香炉を渡しましょう。